婦人

味と食材にこだわったイタリアンの魅力と特徴

天然ものと養殖ものの産地

ウナギ

夏の美食としてうなぎを楽しむ人は少なくないでしょう。暑い時期は汗とともに体力が奪われていくので、週1回でもスタミナ食を食べることで、元気に過ごせます。浜松でも人気のメニューとしてうなぎがあります。うなぎはタレを付けた蒲焼から塩だけで焼いたものもあるので、その日の気分によって楽しめる味のバリエーションも豊富です。浜松の若い人にはうなぎの蒲焼が人気ですし、年配の人には塩だけで焼いた串刺しが人気です。夏場の居酒屋や定食屋さんでよく見るうなぎ料理ですが、料亭や高級旅館をはじめ専門店では産地と品質もこだわっています。うなぎ好きの日本人に人気があるのが、やはり国産のうなぎで中でも天然ものとなると値段は高くなります。浜松や全国で食べられているので国産の天然うなぎだけでは供給が間に合いません。そのためスーパーで売られているほとんどのうなぎは、養殖もので産地は海外になっています。養殖物と天然ものの違いですが、実は天然ものの方が泥臭さが強いという特徴があります。天然うなぎの方が高級なので、風味も良く食べやすいというイメージがあるかと思いますが、実際に食べやすいのは養殖うなぎだと言われています。ただ、養殖の場合はできるだけ産地にこだわった方が良いでしょう。養殖環境や業者の方針がしっかりしていないところだと、使わない方が良いとされているエサを大量に与えて成長を促進していることがあるためです。浜松や日本のうなぎ専門店で食べる際は産地などしっかり選んで調理しているお店にした方が良いでしょう。